自作 VSCode 拡張 multi-command がわりと使えそう

先日、VSCode の拡張 multi-command を公開しましたで、VSCodeの現時点の不満の幾つかを自作拡張機能で解決した話を記載しましたが、この記事に書いたもの以外でも multi-command で解決できるものがありました。

multi-command

Atom使いがVisual Studio Codeを使ってみたら良い感じだった話 で書いた、
「Markdown や AsciiDoc をプレビューするとフォーカスがプレビュー側に映る」というやつです。

よく考えたらこちらもプレビュー、フォーカス移動というシーケンスを multi-command で設定してやれば解決でした。

settings.json への設定

settings.json にMarkdown をプレビューした後、フォーカスを前のエディタグループに戻すというシーケンスを設定します。

keybindigs.json への設定

後は設定したコマンドをショートカットに設定すれば OKです。ちなみにキーが ctrl+shift+mとなっているのは、Atomの時の癖ですね。

最後に

multi-command、結構使えるかも。
何かご意見や不具合などありましたら github へお願いします。

multi-command の github


最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、Twiter にてフォローいただけるとうれしいです。ブログ更新情報などもお届けします。



この記事をシェアする




りゅーた
フリーランスのエンジニアしてます。Android、iOS アプリの開発、対向サーバの開発、C/C++のライブラリ開発が現在のメイン。趣味はテニス・ゲーム・自転車。2児の父

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA