Firebase でチャットを作ってみた(iOS) その1 準備

2016年6月のアップデートから、何かと高機能になったという Firebase。 これまで作ったアプリを Firebase 使った場合にどう便利になりそうかを試してみたくなり、以前別のクラウドと連携して作っていたチャットアプリの Firebase 版を作ってみることにしました。 ただし、今回は機能を確認することに主眼をおいているので、超簡易的なものになります。

1. iOS プロジェクト作成

Xcode で新規プロジェクトを作成しておきます。

2. Firebase へ登録

Google のアカウントを持っていれば、 https://firebase.google.com へ行き、「無料で開始」選択で使用開始できます。

3. Firebase でプロジェクト作成

Firebase コンソールから「新規プロジェクトを作成」でプロジェクトを作成します。 その後、作成されたプロジェクトで「iOS アプリに Firebase を追加」を選択し、1. で作成したプロジェクトの Bundle ID を入力します。 設定ファイル GoogleService-Info.plist がダウンロードされるので、それを先程作成したプロジェクトに追加します。 Info.plist と並列に配置すれば良いと思います。

4. Xcode プロジェクトで初期設定

Firebase で表示される説明に従い、CocoaPods の設定と初期化コードの追加を行います。 一応ビルドしてみて、初期設定ができていることを確認します。 基本的に Firebase で説明が表示されるので、そのまま従えば問題なく初期設定ができました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、Twiter にてフォローいただけるとうれしいです。ブログ更新情報などもお届けします。



りゅーた
フリーランスのエンジニアしてます。Android、iOS アプリの開発、対向サーバの開発、C/C++のライブラリ開発が現在のメイン。趣味はテニス・ゲーム・自転車。2児の父

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA