Swift3 でQRコード読み込む

iOSでQRコードを読み込むアプリを作りたかったので、実装方法をメモ。 iOS7からAVFoundation により、標準ライブラリのみでQRコードの読み込みができるようになりました。 方法も簡単なのでコードそのまま貼ります。

簡単です。が、、、

実は私がやりたかったことはこれだとできないことがわかりました。QRコード化されたバイナリデータをそのまま読み込みたかったのですが、前述の AVMetadataMachineReadableCodeObject のプロパティを確認すると、取得できる情報は type と文字列化された stringValue しかありません。 例のごとく、Stack Overflow で議論されているようですが、無理やり内部変数の値を見る解決策しか現状無さそうですね。 というわけで、バイナリのQRコードの読み込みに関しては別のライブラリを使うことで対応する方針となりました、という話です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、Twiter にてフォローいただけるとうれしいです。ブログ更新情報などもお届けします。



りゅーた
フリーランスのエンジニアしてます。Android、iOS アプリの開発、対向サーバの開発、C/C++のライブラリ開発が現在のメイン。趣味はテニス・ゲーム・自転車。2児の父

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA