LINE Bot で雑談 Bot 作ってみた

LINE Bot が楽しそうだったので触って見ました。せっかくなので何かしら雑談エンジン的なものと連携させて雑談 Bot にしてみました。

環境

  • macOS Sierra 10.12.3
  • Python 3.6.1 (サーバ上の Python はバージョン 3.5.1 )

全体構成

今回作るモノ。登場人物が多いので図示してみました。

  • ユーザはおなじみの LINE で LINE Bot とメッセージをやりとり
  • LINE Bot は Bluemix 上に立てたサーバプログラムと HTTP/1.1 で通信
  • Bluemix 上に立てたサーバは HTTP/1.1 で Talk API の対話サービスと通信

という感じです。
Bluemix は Python 含めて様々な言語の Webサービスを手軽に構築できるIBMのサービスです。使用メモリ量を抑えれば24時間365日起動しても無料枠に収まるので、この手の実験する時によく使ってます。
Talk API先日プレスリリースがあった Recruit社の持つビッグデータを利用したサービス A3RT(アート)の一つ。手軽に雑談Botが組めそうだったので使ってみました。

LINE Bot もTalk API もHTTP/1.1 で通信しますが、形式が違うので直接は接続できません。
そこで、Python の中継サーバを挟んで、そこで両者の形式の差異を吸収するような形にします。

ちなみに、サーバをPython にしたのは対話と言えば機械学習、機械学習と言えば Python というノリです。(実際にはPython である必要は無かったです。PHPとかでもできるかと)

ここで作成したプログラムは githubに置いていますので良かったら参照してください。

Talk API を使ってみる

上図の右から順番に、まず雑談エンジンのTalk API を使える状態にします。
Talk API のページ下部にある「API KEY発行」をクリックします。メールアドレスを入力すると、そのアドレスにTalk API を利用するのに必要な API KEY を記載したメールが届きます。

なんとこれだけで登録は終了です。完全に無料らしいので、アカウント登録とか無いんですかね。

試しに使ってみます。Talk API は HTTP/1.1 で入力文を投げると、それに応じた応答分をレスポンスで投げ返してきます。curl で下記のようなコマンドを叩いて試してみます。

以下のような出力になるかと思います。

JSON形式でレスポンスが返ってきました。reply が応答文っぽいですが、Unicode がエスケープされて通知されてくるようですね。デコードしてあげましょう。Python でワンライナーつけて以下のようにします。

出力

OKですね。Talk API は簡単に使えそうです。

Bluemix 上に Python のサーバを立てる

予めcfコマンドが使えるようにしておいてください。(brew install cloudfoundry/tap/cf-cli)

Bluemix にサインインしてアプリを作成します。
Cloud Foundary より、「Python」を選択します。

アプリ名(ホスト名)は「linedialogue」としました。

アプリ作成が完了すると、チュートリアル画面になります。一度チュートリアルに従って Python サーバをデプロイして手順を押さえておきましょう。

git clone でプログラムをダウンロード

ダウンロードしたディレクトリのルートに移動します。
今回は Python3系前提なので、下記コマンドで必要なモジュールをインストール

ひとまずローカルで動かしてみます。

ブラウザから http://localhost:8080/ にアクセスして Welcome ページが開ければとりあえずOKです。
チュートリアルには http://localhost:8000/
と記載されていましたが、8080 番ポートで待ち受けているみたいなので http://localhost:8080/が正しいと思われます。

次にデプロイ用の設定です。manifest.yml を編集して、applications の name を設定します。

API のエンドポイントを設定します。リージョンが US South, United Kingdom, Sydney があり、リージョン毎にURLがありますが、アカウントに紐付いているリージョンのURLを指定してあげれば良いかと思います。私は US South なので下記コマンド

ログインします。

ログイン成功したらデプロイ

成功すると, ターミナル上で下記のように URL が表示されるので、ブラウザからアクセス。 さきほどと同じような結果が見れるはずです。

ここまでで、とりあえず Python サーバは動かせて、外部からもアクセスできる状態にまで行きました。

LINE Bot を使えるようにする

LINE Business Center の Messaging API のページから登録を行い、LINE Bot が使えるようにします。

続いてメールアドレスを登録すると、認証用のページを記載したメールが届きます。基本的にはフォームを埋めていけば良いですが、ここで登録する「会社/事業者名」はBot を友達として登録する際に表示されますので、その点だけ留意しましょう。

登録が完了すると、LINE@ Manager という管理ページに行きます。ここでアカウント設定 -> Bot設定と進み、「APIを利用する」をクリックします。(1:1トークとかが利用できなくなるなどの注意書きがありますが、私は特に気にせず進みました)

とりあえずここまでで Bot 自体が動くか確認してみましょう。
アカウント設定 -> 基本設定に QRコードが有りますので、それをLINE で読み込んで友達になります。試しにメッセージを送ると、応答できない旨の自動返信が表示されるかと思います。

LINE Bot、中継サーバ、Talk API をつなぎ合わせる

LINE Bot の会話を中継サーバに送信する

上記まで単品で動かしてきた3者を繋いでいきます。まずは LINE Bot の設定を変更します。先程の Bot 設定で「Webhook送信」を「利用する」に、「自動応答メッセージ」を「利用しない」に設定します。

続いて、同じページの上部にある「LINE Developersで設定する」をクリック。
開いたページ下部にある「EDIT」をクリックし、Webhook URL を Bluemix上の中継サーバの URL にします。

ここのURLは HTTPS 必須ですが、Bluemix でサーバ立てると何もしなくてもHTTPSアクセスできました。最後に callback とついていますが、これは後ほど記載しますのでとりあえず気にしないでください。
また、このページの「Channel Secret」と「Channel Access Token」は後ほど使いますので控えておいてください。

この設定で、LINE Bot の会話が HTTP/1.1 で中継サーバに送信されてくる状態になりました。

中継サーバ編集

作業的にはこれが最後です。Python中継サーバを編集してLINE Bot と Talk API を連携させます。
LINE Bot から中継サーバへの通信は HTTP/1.1 なので、そのままでも扱えなくはないですが、さらに簡単に扱えるSDK line-bot-sdk-python がありますのでそちらを使います。

line-bot-sdk-python のREADMEに従い、SDKをインストールします。Python3 なので下記コマンドとなります。

Bluemix 上でも使えるよう、requirements.txt にも下記一文をつけ加えておきます。

line-bot-sdk-pythonのページにサンプルがあるので、それを変更して中継サーバを作っていきます。ここのサンプルが https://ホスト名/callback で待ち受けていたので上記の Webhook URL もこの設定にしました。

まずは先程控えたChannel Access Token と Channel Secret を設定する箇所があるので設定します。

このサンプルでは入力されたメッセージと同じものを出力する、いわゆるオウム返しの実装になっています。実装しているのは下記の部分

これを書き換えて、Talk API と連携する形にします。

あとはできたサーバを cf push でデプロイし直せば完了となります。

プログラムの全文は githubに置いています。
細かい部分はそちらを参照ください。

ちなみに、ここで request というモジュールが無いというようなエラーが出力されてサーバが起動できなかった場合、Bluemix 上のPython が 2系で動いている可能性があります。その場合は requirements.txt などあるディレクトリと同じディレクトリに runtime.txt というファイル名で以下のように Python の動作バージョンを指定してください。

所感

github 見てもらえばわかりますが、システムの枠組みを作るのに少し手間がいるだけで、サーバプログラム自体は大したことはしていません。

やはり重要なのは対話の実処理をするサービスにあると思います。今回は雑談ということで Talk API を使いましたが、Wit.aiapi.ai といった対話サービスと連携すれば、もっと本格的な(ビジネスロジックを持った)対話Botを作れると思います。最近はそれらのサービスも HTTP/1.1 経由でサービス(いわゆるWeb API) が提供されているので、今回の枠組みを応用すればいろいろできそうで夢が膨らみます。

LINE Bot で雑談 Bot 作ってみた” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Onoda より:

    GitHub のコードを fork して Watson Retrieve And Rank に問い合わせるように改造してみました。

    Qiita: http://qiita.com/6onoda/items/4151752b49ee2b6d8911
    GitHub: https://github.com/6onoda/linebotRnR

    ご迷惑なら削除しますので、教えてください。

    1. ryuta46 より:

      引用、fork などなどありがとうございます。
      Qiita の記事の方も見させていただきました。

      同じような構成で接続先変えれば色々なサービスに連携できそうで、夢が拡がりますよね。

      使えそうな記述やコードなどあれば、じゃんじゃん使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA